何でモデルになろうと思ったの?
~やっと開けたモデルの扉 ~

何でモデルになろうと思ったの? <br />~やっと開けたモデルの扉 ~

 

大変長らくお待たせ(?)しました!

 

思いつきではじまった、

「何でモデルになろうと思ったの?」シリーズ。

 

これまでのエピソードはこちら↓

 

モデルスクールに通い始めた私は、とりあえず自分に必要なものはなんだろう


○Sponsored Link


と考えました。

 

私は背も高かったし、いわゆる「細い」部類だったので、とりあえずは

ウォーキングというものがうまくなること=モデル

 

という仮説をたて、ただひたすらウォーキングの練習をしました。

 

ベテランなのは年齢だけなので、人の3倍は頑張らないといけないと思い、

 

他のスクールもかけもちして週3回、奈良から神戸や大阪へといそいそと通い始めました。

 

と、こうやって振り返ると、あの頃の自分を少しほめてあげたい気持ちになりつつ。。。

 

上記のような仮説をたててものの、モデルはウォーキングスキルだけでなく、

 

もちろんのこと、「見た目」も美しくないといけません。

 

 

まずは、

 

自分自身=外見 が美しくなること。

 

スクールの先生には、ありとあらゆる駄目だしをいただきました。

・顔が老けてる

・エラが張ってる

・法令線やばいよ

・ふくらはぎ太い、ふとももが出っ張ってる

・左右の肩の高さが違う

・身体が歪んでる

・口角下がってる!omg

・何その変な服装

・メイク下手特にまゆ毛。

 

などなどなど・・・・。

 

たくさんアッパーカットいただきました。

 

 

身体はハンガーです。

もし身体がゆがんでいたら、服もゆがんでみえてしまいます。

さらにはウォーキングもまっすぐ歩けません。

 

かくして、長い人生で養われた身体の歪みを正すべく、整体やマッサージ、ストレッチや筋トレを始める生活が始まりました。

 

 

そして、モデル=商品をアピールするアイテムである私服。

 

そもそも、

 

おしゃれというものもよくわかりませんでした。

服は好きでしたが、この世界ではもれなくダサい人に早変わり。

 

 

今まで

私の中では

 

おしゃれ=フォーマル

 

だったのですが、そうではなく普段からおしゃれにならないといけません。


○Sponsored Link


 

 

いわゆる

 

「こなれ感」

 

これがまた難しい。

 

 

思い返せば当時の迷走っぷりがまたおもしろく、

 

当時は

年齢のことも考えて、

ミセス向け

コマーシャル向け

 

にキャラ作りをシフトしていたため、

 

ものすごく笑顔を練習したり・・・

ちょっとふわっとした服を着たり・・・

少しコンサバ寄りの服を着たり・・・

 

と、いろいろと試行錯誤していました。

※このあたりはまた後日改めて詳しく・・・。

 

 

あとは私にとって最大の難所、ヘアメイク。

 

 

メイクは日焼け止めしか塗ってこなかった私。

 

全然わかりません。

 

コテは未だに苦手ですが、巻髪をつくるのに3時間くらいかかっていたこともありました

(でもうまく仕上がらない)。

 

 

そしてメイク。

 

特に眉。

 

描く眉、描く眉、ダメだしです。(今もうまく描けない・・・泣)

 

自分でも変なのはわかるのですが、どう直したら良いのかわからん~

 

メイク講座にもしげしげと通いました。

 

 

そんなこんなで奮励努力(?)の末、

 

曲りなりに仕上がったのか、

 

なんとか人生ではじめて事務所に所属することができました。

 

 

そんな感じで、私のモデルライフが幕を開けたのでした。

 

しかし、事務所所属を目標としていた私は、

 

大学受験に合格した高校生が、入学後に何をしたら良いのかわからない

 

に似た状況に陥りました。

 

 

つづく・・・・

 

 

 

 

 

 

他のモデル関連記事も読んでみてね↓↓

 

 


○Sponsored Link