【スタバ ミラノ店  内装編】度胆抜かれました。最早スタバではない。イタリア人の本気を見よ!

【スタバ ミラノ店  内装編】度胆抜かれました。最早スタバではない。イタリア人の本気を見よ!

トラベラー馨@大阪です。

モデルに特化したブログ(note)は こちら

モデルに関する質問は こちら

 

先日、イタリアに初出店したスターバックスミラノ店。

2018年9月に1週間ほど滞在したので行って来ました。


○Sponsored Link


 

当日、仲良しのイタリア人とアペリティーボをした帰り、

 

「スタバに行きたい!」と懇願したところ、

 

スタバという言葉にまったくテンションがあがっていなかったイタリア人でしたが、

 

いざ入店すると私よりテンションあがって写真撮りまくっていました。

 

それくらい、ものすごかったです。

 

そんなテンションあげあげな彼に思わず、

 

「これはスタバじゃないよ。他の国のスタバはこんなんじゃないから(悪い意味で)ね」

 

と釘をさしてしまいました。

 

それほど彼は興奮していたのです。

 

この一号店、ミラノの中心部に位置します。

間違いなく新たな観光スポットになるでしょう。

 

さほどスタバファンじゃない私も例にもれずテンションマックスになり

 

滞在中、追加取材もろもろで3回も訪れました!

 

3回行っても全く飽きません。

 

それくらい、度胆抜かれます。

 

今後、「ミラノでおススメスポットある?」

 

と聞かれたた、間違いなく「とりあえずスタバに行ってきて」と言うでしょう。

 

何に度胆を抜かれたか。

 

・歴史と重厚感たっぷりの外観

 

・外観とは対照的に、イタリア人の本気遊び心が垣間見れる現代アートな内装

 

・あり得ないくらいおしゃれなスタバグッズ(別記事で)

 

・そしてこれまたあり得ないくらい豊富なメニューのラインナップ(これも別記事で)

 

です。

ではそんな度胆抜かれたスターバックスミラノ店のご紹介です!

 

 

満を持してオープンしたスターバックス

イタリアには、これまでスタバはありませんでした。

 

なぜなら

・スタバのような単価の高い珈琲を飲まなくても、格安且つおいしい珈琲が飲める。

 

・エスプレッソは立ち飲み。シップアンドゴー

 

・コーヒーが飲めるお店、カフェは、街中に溢れている

 

といった感じでしょうか。

 

スターバックスは入る余地がなかったし、必要なかったのでしょう。

ミラノには何度も来ていて、コーヒーはそんなに飲まないのですが、そんな私でも

 

「確かにスタバ要らないよね」

 

なんて思っていました。

 

一方で、

世界中どこにでもあるスターバックスができたきっかけは、創業者がイタリアのコーヒーに感動したからだそうです。

 

そんな中、満を持して、2018年の8月に、イタリア・ミラノに初出店!

 

ハワード・シュルツ会長は

 

「謙虚と尊敬の念を持って、自分たちの学んだことを示すために出店する」

とコメントを発表したそうです。

 

2018年9月にミラノに約1週間滞在したのですが、

 

渡航前にたまたまお知り合いの人がスタバミラノ店のニュース記事をシェアしていたので何気なく読んだところ、

 

その内装におったまげたので、これは内装だけでも絶対見に行かなければ と思っていました。

 

 

外観編:重厚感のある外観とリゾート感じるテラス席

 

スターバックスは、最大の観光スポットドゥオモ(聖堂)から徒歩5分ほどのところにあります。

 

電車からのアクセスも最強で、地下鉄 M1(赤色)線 コルドゥーシオ (Cordusio)駅(duomo駅の次)すぐにあります。 

駅のエスカレーターをあがると目の前に広がります。

旧郵便局をリノベーションしたそうです。

 

夜みるとこんな感じ。

 

どこの高級ホテルですか?オペラ座??って感じですね。

 

 

時間によっては待ち時間なしで入店可

 

事前情報では

「ものすごい行列だから入る気がしない」

 

とのことでした。

 

私が訪れた3回は 

20時、10時、17時 でした。

最も混んでいなかったのは20時。

 

待ち時間ほぼゼロでした。

 

その次は17時。

待ち時間10分ほど。

 

最も待ち時間が長かったのは午前10時。

 

それでも待ち時間は15分もなかったと思います。

 

行列ができていても、意外とすぐ入れます。

こんな感じで建物に沿って並びます。

 

そしていよいよ案内されます・・・

お店の前はリゾート感漂うテラス席。

 

入り口前にも座席がいくつかあります。ホテルの入口?マンダリンオリエンタルですか?

 

と思ってしまうほどの天井の高さと重厚感。

 

こちらが入口。ドアマンがいます。

 

スタバにドアマンですよ奥さん。

 

そしていよいよ入店です・・・。


○Sponsored Link


 

まさに圧巻!イタリア人のアートと遊び心に感服した内装

 

そして扉から入ると、あの外観とはうってかわって、

メタリック!

 

なんだこら!!!

 

 

イタリア人に任せたら、あのロゴもこうなるようです。

 

もはや美術館に展示されているレベル。

 

ロゴを模したグッズ。これも最早アートですね。

 

そして何より、

 

恐れ入ったのがこちら。

     

汽車。

 

え?ここってコーヒーショップですよね?

 

遊園地??ってなってしまう。

 

事前のニュース記事でも話題になっていましたね。

 

でも、なぜ汽車なのか。

それは、コーヒー豆をローストしている音を汽車の音と見立てているのです。

 

これを理解した瞬間、いやぁもうねぇ、声あげてしまいましたよ。

 

もう、色々なイタリア人に会ってきましたが、

 

 

いやぁもう・・・

 

これを考案した人、

 

 

弟子にしてください!!

         

汽車の横では店員さんがこうやって豆の説明をしてくれます。

 

 

ベルトコンベアも見せることによってアートになっています。

またこれが馴染んでいる。

 

店内の様子。

 

入場制限もしているので店内はそこまで混んでいません。

 

席がなくて困るってこともない。

マグカップが黑です。スタバのマグカップと言えば白。

逆を攻めてきますね~

 

 

注文をする際は並びます。でも、すぐ順番がくるのでご安心を。

 

イタリアのお店でこんなにオーガナイズされているお店は、他にあるだろうか(いや、ない)

 

はい。イタリア人ももれなくスタバでちゅっちゅしてますよ。

 

 

二階席はバーカウンターです

 

2階はバーカウンターになっています。

 

え?スタバにバー??

 

もう、私たちのスタバ概念はここでは消し去りましょう。

 

コーヒーは、、さすがにこのバーカウンターにはないと思われます。

 

 2階から1階の様子も見れます。

 

 

まとめ

スタバに行きたい! と一緒にアペリティーボしたイタリア人を誘ったのですが、

あまり行きたがりませんでした。

 

中だけ少しみるだけで良いから! と説得し、半ば強制連行。

 

当初、私もブログネタに写真だけ撮れたら充分、とそこまで期待していませんでした。

 

でも入店するやいなや、私と彼は写真を撮りまくり、店内動きまくり。

 

彼はミラノ郊外に住んでいるので早く帰りたいと言っていたのですが、

 

「ちょっと一杯飲んでいかない?」と言い始める始末。

 

よほど気に入ったのでしょう。はい。私もとてつもなく気に入りました。

 

あまりの興奮に1記事では収まらなかったので、2部構成にしました。

 

そう。スタバ好きな人はもちろんですが、興味ない人も、四の五の言わずにとりま、

 

イタリア人の本気の遊びをその眼で見て来て!!!!

 

です。

次は気になるスタバグッズとメニュー編です!!!

 

【店舗情報】スターバックス ミラノ店

 住所:Via Cordusio, 3, 20123 Milano MI, イタリア

(地下鉄 M1 赤線 Cordusio駅すぐ。ドゥオモからも歩けます。

営業時間:7:00~22:00

AIzaSyDmwfORb0kLsTSotAhqA7ddhQAO8aeFR5k

 

モデルに特化したブログ(note)は こちら

モデルに関する質問は こちら

 

 

 


○Sponsored Link